スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい保険選び!人気の保険口コミ比較情報サイトトップ >介護保険について >>介護保険料の計算方法について

介護保険料の計算方法について

そもそも介護というのは寝たきりの高齢者や病人、それから障害者などの日常の生活になんらかの支障がある人を自立させる目的のために食事や排泄などの身の回りの補助や世話などをすることです。生活を自力ですることが一番望ましいのですが介護なしで生活できない人たちがたくさんいます。

ほんの少し介抱をするだけでとても助かるという人が大勢いるのです。
介護保険というのは介護保険制度は、意外にも最近出来た法律です。平成9年(1997年)に公布され、2000年からスタートした「介護保険法」に基づくものです。

これは国民からの保険料を財源元として、介護が必要な高齢者や介護者にいろんな介護を手助けするサービスなどを提供してくれるというものです。
介護保険が出来たおかげで本当に介護が必要な高齢者にしっかりと補助ができて高齢者を支えることのできるシステムが確立したのです。
これからの日本社会を考えるとこんなにありがたいことはないですね。

計算方法は簡単に説明すると
健康保険加入事業所に勤務中の方で、40歳以上65歳未満の場合だと
標準報酬月額をもとに標準報酬月額 × 1.13%となります。
健康保険未加入で、第1号被保険者の保険料は、住民税の課税状況などに応じて自治体ごとに異なります。例えば東京都の場合、
所得割:40歳から64歳の加入者の平成20年度住民税額の世帯合計額×0.21
均等割:40歳から64歳の加入者数×11,100円となります。

スポンサードリンク


介護保険を滞納すると介護サービスの費用の全額つまり10割が自己負担になったり、介護サービスが受けられなくなったりと滞納の時期によってさまざま制限がありますので各自治体でどういったことになるのか確認してみましょう。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。