スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい保険選び!人気の保険口コミ比較情報サイトトップ >介護保険について >>40歳の介護保険料の徴収

40歳の介護保険料の徴収

40歳になると気になるのが介護保険料ですね。一体どれくらい払うのか、またいつからどういった形で支払うのかご存知でしょうか?
介護保険というのは平成9年から介護保険法という法律によって定められたものです。介護が必要な人にとってとても心強いものですから、ぜひしっかりと知っておきましょう。

自分はまだ元気だから払う必要がないとか払うのがもったいないと考えている人もいるようですが介護が必要になったとき大変助かります。
介護保険の保険料を支払っておくと、もし万が一、じぶんが介護が必要になってしまったときなどは介護サービスが通常よりも一割で済むのです。

介護保険の被保険者であるということだけで格安の料金ですむのは本当に助かりますね。65歳以上の人を第一号被保険者といいますが、第二号被保険者と呼ばれる40歳以上65歳未満の人でも特定の病気やケガなどで介護が必要と認められると介護サービスが介護保険により安く使うことができるのです。

スポンサードリンク


介護保険料は40歳になる月から国民健康保険もしくは会社の健康保険料からプラスにされて引かれるという仕組みです。人生は何が起こるか分かりません。こういった保険があると安心です。
介護保険があるのとないのとでは自分が高齢者にならないとそのよさというものは実感しにくいかもしれませんがしっかりと支払った分は活用していきたいですね。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。