スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい保険選び!人気の保険口コミ比較情報サイトトップ >介護保険について >>介護保険料の40歳と賞与について

介護保険料の40歳と賞与について

介護保険料は40歳からということですが賞与からの支払いは気になりますね。
賞与における介護保険料の控除の取扱いは、月ごとの報酬にかかる取扱いとあわせて行うため、40 歳に到達する月に支給した賞与( 誕生日以前の支給も含む) は介護保険料の控除の対象となります。
また、65歳に到達する月に支給した賞与( 誕生日以前の支給も含む) は介護保険料の控除の対象になりません。保険料は、標準報酬月額および標準賞与額に保険料率を乗じて決められます。保険料率は、健康保険組合が納める介護納付金を40歳以上65歳未満の被保険者本人の標準報酬総額(標準賞与見込額の総額を含む)で割って算出されます。

事業主と被保険者の負担割合は原則として折半負担です。任意継続の被保険者は全額自己負担となります。なので賞与からの負担はありません。
 介護保険料は、健康保険組合の一般保険料と同様に毎月の給料等から差し引かれます。40歳以上65歳未満の被扶養者の負担分も含んでいますので、被扶養者が直接保険料を納めることはありません。

スポンサードリンク


保険料は、「標準報酬月額」に「保険料率」を掛けて計算されます。
 平成15年4月からは「標準賞与額」に対しても、保険料率を掛けて計算された額が、保険料として徴収されます。
介護保険は将来とてもあれば便利なものです。
自分が年をとっていざというときはありがたいと感じるでしょう。しっかりと滞納なく支払っておくと老後の不安も少しはなくなるのではないでしょうか。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。