スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい保険選び!人気の保険口コミ比較情報サイトトップ >生命保険の雑学について >>相続放棄と生命保険について

相続放棄と生命保険について

相続放棄をすれば、初めから相続人ではないということになるわけですが、被相続人、つまり死亡した人が加入していた生命保険金についても受取ができなくなるのか、この質問についてはインターネット上でもよく質問している人が多い問題です。

たとえば亡くなった人本人が受取人だった場合には、被相続人名義であるたとえば貯金があったり、債権があった場合と同じで、生命保険金の請求権についても、相続財産の一部ということになりますので、相続放棄をしたら、相続人で派内ということになるので、生命保険金も受け取ることが不可能になります。

もしも夫が自分名義で生命保険に加入していて、保険金は妻が受取人になっていた場合には、生命保険契約上相続放棄をしていたとしても、契約では、生命保険金は妻が受け取るという契約になっているために、これは受け取れることになります。

スポンサードリンク


生命保険の相続人が保険金受取人に決められている場合には、他の相続放棄はしていても、生命保険については、受け取れるということになります。注意しなければいけないことがあり、税金についていろいろと相続をする場合にはややこしいことがあります。

受取人になっていて、相続放棄をしながらも生命保険を受け取る場合には、その金額によっては、税金を支払わなくてはいけないことになるのです。生命保険料の支払いを実際は誰が行っていたのかによってもかかってくる税金の種類は違ってきますので、その点は確認する必要があります。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。