スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい保険選び!人気の保険口コミ比較情報サイトトップ >生命保険の雑学について >>生命保険が破綻をした場合

生命保険が破綻をした場合

もしも生命保険会社が破綻してしまったということになれば、その時点での年齢や健康状態では、他の生命保険会社の保険に入ろうと思っても、すでに入ることができなくなるというケースもあります。生命保険会社の破綻によって利用者が不便な目に逢うことがないようにするためにと考えられたのが、生命保険契約者保護機構というものです。これは今加入している保険の契約に関しては、そのまま継続してもいいということになります。

生命保険機役者保護機構では国内で生命保険業を行っているすべての会社が加入していることから、安心して、破綻してしまった場合でも継続できるということになるのです。生命保険会社の破綻の場合には救済保険会社が現れればいいのですが、それによっても対応が変わってきます。救済保険会社が出てきたという場合には、救済保険会社がそのまま契約を引き継ぐ形になりますので、資金援助があります。

スポンサードリンク


もしも生命保険会社が破たんして救済保険会社が出てこないという場合には、生命保険契約者保護機構の子会社が設立した承継保険会社によって保険の契約を引き継ぐという形になります。または生命保険契約者保護機構そのものが保険契約を引き継いでくれるという形になります。生命保険契約者保護機構が保険契約を引き継ぐという場合には、場合によっては契約している人にとってはデメリットが発生します。どんなデメリットなのかいうと、正規人準備資金が削減される可能性があるともいわれています。そして生命保険の予定利率が引き下げられることが多くなります。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。