スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険と車両保険の見直し

車両保険とは、車両にかける保険、つまり「自分の車の損害を補填する」ためのものです。

保険金を支払って、車と車の事故や単独事故、そのほか、思わぬ車への損害に備えるのが車両保険です。自動車事故で壊れたり、あるいは盗まれたときに補償します。

万一事故が起きた場合、保険では補償しきれない損害を請求される場合もあるのです。さらに、対物や車両等の補償もないので自賠責保険だけでは不安です。

スポンサードリンク


やはり車を運転する以上は必要最低限の自賠責保険でカバーしきれない部分を補う任意保険も入っておかないと事故が起きたとき大変なことになります。

クルマの時価は、年月とともに下がってきます。車両保険の保険金額は原則この時価によって決まるので、中古車の場合、少額でも車両保険を付けておくべきか迷うところです。

車両保険とは、契約しているクルマが、偶然の事故によって損害を受けた場合に修理代金などが支払われる保険です。保険金額が支払いの上限になっているので、修理代が50万円かかったとしても、そのクルマの保険金額が40万円であれば、廃車扱いにしても40万円しか受け取れません。

修理にかかる費用などの相場を確認した上で、必要であるか否かを十分に検討しておきましょう。

今では簡単にインターネットで複数の自動車保険会社から見積もりをとることができるので、車やバイクを持っている人は、インターネットで自動車保険の見積もりを調べたうえで比較検討することをおすすめします。

各保険会社によってサービスなどに特徴がありますが、総合的に選んで、じっくり保険プランを比較検討することが大事です。

自分にあった補償プランを細かく見ていくことが必要です。
同じ補償内容であっても保険会社によっては保険料がかなり違ってくるので自動車保険を選ぶときはインターネットなどで一括見積もりすることをオススメします。

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。